カテゴリ:nikki ( 14 )

おでこのやけどはやくよくなれ

例えば、
悲しみを忘れるという行為は
どこかへなにかを縛りつけるようなもので
役者的な作業に似ている
その行為自体に少なからずストレスが
発生するものだ
そしてまた同じように持ち続けるという
行為自体も技術だ

嘗て、

去るということは 見ない と同義語だった


と、たったいま

どちらでもなく真っ向勝負をしかけ

顕著にやられている人間を

見る、見続けてみよっかなーなどと思う。
by kokorukukuu | 2010-12-27 03:41 | nikki

キラキラキラキラキラキラ

朝を
走る

数時間まえの
駐車場の端に
私がまだすわっていないかと振り向く
月は明るくまして大きくみえる

物語の保有者

寒くない

あかるい
by kokorukukuu | 2010-12-23 06:46 | nikki

20101021

昨日渋谷7th Floor
Ryan Francesconi, NRQ Trio (feat. Motoki Yamaguchi), Radiosondeのライヴをみにいきました。

拍手をする彼らに。彼らにしたはずの拍手の所在がわからなくなるほど
とてもよかった。


すべてインストで。
うたとはなんだろうかとおもう。
by kokorukukuu | 2010-10-22 23:57 | nikki

読みかけの本


しばらく使っていなかったバックの中から
読みかけの本がでてきた。
本も出会いのようなものだから最後まで読み終えなくてもいいのだと
いつだったか作家の人がいっていた。
何度か出演したことのある下北沢のbarが1年ほど前に閉店したのだけど
あれは本当なのかと未だにおもう。
音楽は流れていてあの空気も人々の会話ももしかしたら私も
扉さえみつかればまたあらわれそうで
すこし嫌になった。
読みかけの本はまた読み始めると思う。
会わなくなった人にもまた会いたくなるとおもう。
だけれど扉はみつからないといい。
by kokorukukuu | 2010-10-14 14:52 | nikki

あおむし

たっぷりめにねむれて
おいしいパンを食べた
洗濯物をほしてそうじきをしたら
マットに青虫さんがいた
きっとにんじんのはっぱのふさふさから
とって窓からぽいっとしようとしたけれど
青虫なのにみどりがみえない灰色の場所ではあまりにさびしいしと
外へでてはっぱのあるところへおろした
だけれどもあまりさびしさにかわりはなかった
青虫がはっぱをかじったらすこしましなのにな
by kokorukukuu | 2010-10-13 11:13 | nikki

20101001たおやか


奏でた音楽に眼をこらす
静かに
時間がかかることももちろん

そうしていたらその人の
ありふれてそばにありつづけるものばかりあらわれた!

それらは風景よりもあふれていて
なんて愛しいの!

そこからまた
わたしは旅をはじめた

道の奥の何かと目が合って
わたしはそこにいくね

いきたい場所があるってなんてよろこびでしょう
高鳴って胸のあたりタッタッタッと音がする

もうスキップまじりに走っていく後ろ姿がみえる




あれれそのまま
眠りにひきよせられ
うたたね
ともだちの
子供が生まれたよとの電話でめざめる
さっきよりも
じゅうなんになって

あついよりも
たったいま
あたたかなものはふえていく


うんうんと
パン屋までの道
切れ間のタイヨウ
うんうん、うんうん
by kokorukukuu | 2010-10-01 13:30 | nikki

-ねえ

f0162796_2313032.jpg


あたしの左手を存分に独り占めしている
ねえ
あせをかいて帰ってきたのに
すぐにすりよるのはやめようよ
するめを勝手にあけてたべるのもやめようよ
できないことはしてもいいよ
でも君は甘えすぎです
べったりすぎるのは嫌なの
あんまりすりよられるのも
声を使い分けて文句ばっかりいわないでよ
君と同じでしょ


話せばけっこうわかってくれる
素直なとこまねしよう


::::::::::::::::::::::::::::::::::
by KOKORUKUKUU | 2010-08-17 23:13 | nikki

しあわせ食べにきましたーといってた男の子みたい、

7月7日

バジルのパスタお昼にたべたら、おいしくってうれしくってにこにやしていたら、
 こんどはどんどこたのしかったことおもしろかったこと思い出してきてハッピーぱんぱん。


......................................................................................................................................
by kokorukukuu | 2010-07-07 18:55 | nikki

眼鏡

 
  数ヶ月ぶりに眼鏡をかけてみたら、
  びっくりするほど新鮮に美しい世界が現れた。
  きっとどこかの街に旅をしにきた。
  美しい夜を自転車で通りぬける。
  あまり眼鏡をかけないのは
  はじめて眼鏡をかけたとき芽生えた反骨と物理的に顔に建物が立つのは窮屈で苦手だからです。
  かといって何からもほどかれたら私はまるになっちゃうとおもう。

  でも飛び込んでくるものほんとに全部、全部、美しいともこわいともおもって
  もし、今世界をみんなと同じ見方ができているならそれを愛しいともおもった。 

  先、おばあになれたら
  素敵な眼鏡を買おうとおもう。
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
  
 
  
  
  
  
 
by kokorukukuu | 2010-06-29 23:34 | nikki

6月27日



 まぶしいと目をとじてしまいます。もったいなくおもってしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by kokorukukuu | 2010-06-27 01:38 | nikki