みずうみ


みずうみ に
日が潜り込んで
まもなく
まだ一番後ろの光りは湖面を
触っているのが空に映っています

いろんな記憶がまざって
いろんなきみたちにさよならしよう

いつか口にした
詩の断片におもわぬ形で
出会する


(きみはわたし)


眼と眼があう

眼と眼があう



受容する/

ということ
[PR]
by KOKORUKUKUU | 2010-03-04 14:33


<< 歩く - >>